Home

Concert
 
 

Sting


2005.1.22

日本武道館

p.m5:00-p.m.7:00

アリーナ A9  72番

 

  ポリス時代は「Message In A Bottle(孤独のメッセージ)」とアルバム   「Synchronicity」 が強烈な印象を残している。
 ソロの作品はヒットしたいくつかの曲は知っていたが、アルバム単位     できちんと聴いたことがなかった。
 2000年の来日コンサート・・・偶然知人の余ったチケットで観に行くことに なり、ファンとして目覚める!
 
 この日は土曜日ということか、4時会場・5時開演という異例の早さ。
 相変わらずダフ屋は寒風などどこ吹く風と元気がよかった(笑)
 コンサートはほぼ定刻どおり始まったが、何といっても席の良さがうれし かった。日本武道館は12回目だが、もしかしたらアリーナは初めてかも しれない?いつもは正面階段を昇り1階席・2階席への入り口へ向かう   のだが、この日は階段を右に分けて、アリーナ専用の入り口へ。
 この通路、歩いた記憶がない?あまりに昔だったので忘れてしまった   のか?しかし、とにかく狭い通路で何かパニックが起こったら大変惨
   事になるのでは、と余計な気をまわした。
 まぁ、ともかくもスティングを近くで見れた(前から9番目の右横方面)。
 たいていのコンサートでは、音こそそのアーティストのものだが、正直
 誰がステージで歌っているのか、肉眼では区別できないことが多い。
 表情がなんとか見てとれたし、時々こちら側に遊びに来てくれて思わ
 ず身を乗り出してしまった。
 
 
 さて、コンサートの総評は、残念ながら期待以上のものではなかった。
 これは多分にこちら側の問題かもしれないが、とにかく疲れたのだ。
 2時間とはいえ、開演からず~と立ちっ放し!初めの1時間は乗ってい
 たが、後半は立ち疲れと音の悪さ(武道館はアリーナでも音が悪い
 ぞ!)で、不謹慎にも早く家に帰ってゆっくりしたくなってしまった。
 前回はステージ裏の2階席という最悪の位置だったが、座って観れた
 せいか、コンサート自体はとても楽しめたのに・・・

 スティングの音楽は大好きだが、アリーナ席はもう敬遠したいね。
 小さなライブハウスか(無理だろうけど)、お家でCDとDVDで楽
 しみます。


1 Send Your Love

   2003年暮れに発表されたアルバムからのヒットシングルで幕開け。
 Stingが近い!前から9番目という高位置を実感させてくれた。
 東京ドームのアリーナはステージと席の間に数メートルの空間が
 あるが、日本武道館は空きがないので、ステージから近い。
 前から9番目はドームだったら20番目あたりの感覚かもしれない?

2. Message In A Bottle
 4年前のコンサートでは、ギター1本のアンプラグドで演奏され、少々が っかりしたが、今回はバンド演奏!この曲でポリスのそしてスティングを 意識したのだから、うれしかった。

3. If You Love Somebody Set Them Free
 大阪城ホールの公演ではこのソロ・デビュー曲は演奏されず全18曲だ   ったらしいので、ちょっと得した感じ♪当時のプロモはかっこいいタイトな 演奏だけど、ライブ映えはイマイチと受け取った。

4. The Hounds Of Winter
 '95年のアルバム「Mercury Falling」収録のナンバーだけど、完全に忘 れていた曲なので意外な選曲だった。

5. Dead Man's Rope
 
1と同様、アルバム「Sacred love」からのナンバー。スティングはおだや  かに歌ってくれた。

6. Brand New Day
 
前作「Brand New Day」のタイトル・トラック。とにかくかっこいいナンバー で、会場も私も大いに盛り上がった。

7.Shape Of My Heart
 観ていないが、ジャン・レノ主演映画「レオン」に使われていたそうで、
 この曲でスティングが好きになった人が多いそうだ。マイナー調のバラ   ードは時に胸を苦しくさせるが、今回のライブではそういう感覚は襲って こなかった。CDの方がい
い。

8. Englishman In New York
 
あの「ツン・タン・ツン・タン」という印象的なイントロが流れ始めた途端、 会場の雰囲気が一変。途中のサビの部分では会場中で大合唱も起こ り、本ライブ一番の盛り上がりだったかもしれない。

9. Fragile
 
好きな人が多いようだが、ちょっと起伏が少なく、私はそれほど好みで はなかった。しかし、韓国ドラマ「ホテリアー」で印象的に使われれ以    来、とても気になるナンバーになった。スパニッシュ系のギターを爪弾き  ながら朴訥とした語り口で歌ってくれた。

10. Fields Of Gold
 
'97年に開催された「モンセラット島チャリティーコンサート」で歌われた映 像を見て、この曲が好きになった。当時この曲を知らなかったが、スティ ングが歌いだした瞬間、会場の人から大変な歓声が上がり、その人気  の高さを伺い知ることが出来る。 

11.Sacred Love
 
最新アルバムのタイトル・トラック2部だが、ちょっと難解で私はそれほ   ど好きでない。

12.Whenever I Say Your Name
 
これも最新アルバムからのナンバーで、アルバムではMary J.Bligeとデ ュエットしている。ライブではバック・ヴォーカルの女性と体を寄せ合いな がら情熱的に歌った。ゴスペル調の印象的なメロディだが、後半は女性 ヴォーカルのキンキン声が耳にうるさく閉口してしまった。

13.Every Little Thing She Does Is Magic
 
ポリス時代のナンバーはこの曲を含めて4曲披露されたが、どれも大ヒ   ットナンバーばかりだった。日本語ヴァージョンを出した「Do Do Do~」
 も聴いてみたかったのだが・・・

14.Never Coming Home
 
最新アルバムからは5曲歌われたが、前作「Brand New Day」より劣っているため、盛り上がりがイマイチだったか?
さて、この曲は途中でドラムス、ベース、ピアノだけのジャス風の即興演奏を5分ほどやってくれたが、これはとてもよかった。

15.Roxanne
 
ポリスが世に知れ渡った最初の1曲で、スティングのねちっこい歌い方  が印象的。 だが、このライブではアレンジが長すぎて正直疲れた!  「早く終わってく れ!」と思っていた。 

ここで、本編終了!
2回のアンコールはそれぞれほとんど間を置かずに3曲、1曲の計4曲歌ってくれた。

16.Desert Rose
 アルバム「Brand New Day」の中で一番人気のこのナンバーでアンコー ルが始まった。
 CDやDVD 「Brand New Day Tour」ではアイヨヨ~アイヨヨ~とスティ
 ングと一緒に歌っている男性ヴォーカリストが登場するのだが、このラ
 イブではいなかった。よって、曲の厚みが少し失われ、期待以上の演
 奏を聴くことができなかった。

17.If I Ever Lose My Faith In You
 '93年のアルバム「Ten Summoner's Tales」からライブでの定番ソング。

18.Every Breath You Take
 
ポリス&ソロの全てを含めての彼の代表作。'97年にPuff Daddyがこの  曲をサンプリングして「I'll Be Missing You」という大ヒットナンバーを作っ たのは有名。
 やはり、この曲は全員知っているでしょう!安心して聴けました。

19.A Thousand Years
 
ライブの最後を飾ったのはアルバム「Brand New Day」の1曲目に配さ   れたこの曲だった。 

 

Home Concert