Home

Concert
 
 

Pink Floyd

 

1988.3.5

代々木オリンピック・プール


1階 C-O列 13番

6:00開演

7000円

 

  ピンク・フロイドを最初に意識したのは、1973年「Money」がシングルヒットした時だが、アルバム「狂気」は聴いてなかった。
 次に彼らの名前が登場したのは、1975年秋で、高校の同級生が発売予定の「Wish You Were Here(炎)」の話をした時だ。
 彼曰く・・・前作(狂気)以来2年半ぶりの新作なので、今からワクワクしている! そう、世界的にヒットした彼らの最高傑作「The Dark Side Of The Moon(狂気)」発表後、新作完成まで2年半ものインターバルを開けていたのだ。ビートルズとそのソロあるいはシングル・ヒット曲を中心に洋楽を聴いていた私には2年半も新曲を出さないアーティストは信じられなかったのだ。

 フロイドを聴き、本当にその素晴らしさに気づくのは大学に入ってからである。「狂気」「原始心母」「おせっかい」そして、「炎」「アニマルズ」、そして「ザ・ウォール」!ある意味、ビートルズを超えているのでは?と思ったときもある。事実、緻密な音作りやアルバムの完成度など、部分的にはフロイドがビートルズに優っている部分があるだろう。

 さて、1983年「Final Cut」を発表後、中心メンバーだったロジャー・ウォータースが脱退しフロイドは空中分解してしまった。
 当然解散していると思われた彼らが1987年残った3人(デイブ・ギルモア、ニック・メイスン、リック・ライト)で「鬱」を発表。
 正直、フロイド=ロジャー・ウォータースだと思っていた私はアルバムを聴かなかった。しかし、翌1988年降って湧いたような日本公演!
 たとえ3人だろうが、フロイドを聴けるのならと、公演に馳せ参じたら・・・・・素晴らしい!「狂気」を、「炎」を、「ザ・ウォール」を聴けたのだ!
 「Us And Them」を聴いていた時、不覚にも熱い涙が止まらなくなった。
 数あるコンサートに足を運んだが、待ちに待ったポールでも、ストーンズでも、エルトン&ビリーでも、イーグルスでもなく、3人のピンク・フロイドが我が生涯一番感激してコンサートである。
 

1 Shine On You Crazy Diamond

   1975年「Wish You Were Here(炎)」収録で、オープニングとしては最 高だった! 

2. Signs Of Life
 1987年「A Momentary Lapse Of Reason(鬱)」の1曲目で、前半はロジャー・ウォータースが抜け3人になったフロイドのファースト・アルバムからのナンバーを演奏した。

3. Learning To Fly
 1987年「A Momentary Lapse Of Reason(鬱)」収録曲の仲で、最も70年代の彼らのサウンドを彷彿させるナンバー。私もこのアルバムの中で一番のお気に入り♪

4. Yet Another Movie
 1987年「A Momentary Lapse Of Reason(鬱)」収録。

5. A New Machine Part 1
 
1987年「A Momentary Lapse Of Reason(鬱)」収録。ヴォイス・チェンジャーを使って歌っている。

6. Terminal Frost
 
1987年「A Momentary Lapse Of Reason(鬱)」収録

7.A New Machine Part 2
 1987年「A Momentary Lapse Of Reason(鬱)」収録

8. Sorrow
 
1987年「A Momentary Lapse Of Reason(鬱)」のラストナンバーで、ギルモア、哀愁のギター・サウンド炸裂!

9. The Dogs Of War
 
1987年「A Momentary Lapse Of Reason(鬱)」収録で、「狂気」の頃の人を少し不安にさせる音が復活したようだ(笑)

10. On The Turning Away
 
1987年「A Momentary Lapse Of Reason(鬱)」収録。アコースティックなナンバー。

11.One Of  These Days
 
1987年「A Momentary Lapse Of Reason(鬱)」

後半は「狂気」「炎」「ザ・ウォール」など往年の名作からのナンバーを中心に演奏する。

12.Time
 
1973年「The Dark Side Of  The Moon(狂気)」収録。目覚まし時計の音で始まるのでびっくりした輩もいたのでは(笑) ギルモアのロック・ヴォーkルが最高です。

13.The Great Gig In The Sky
 
1973年「The Dark Side Of  The Moon(狂気)」収録。このスキャットの素晴らしさは筆舌に尽くしがたい!

14.Wish You Were Here
  
1975年「Wish You Were Here(炎)」のタイトル・トラック。

15.Welcome To The Machine
 
1975年「Wish You Were Here(炎)」収録

16.Us And Them
 1973年「The Dark Side Of  The Moon(狂気)」収録。8分を超える大作だが、ゆったりと流れる時間と空間が心地良い。

17.Money
 
1973年「The Dark Side Of  The Moon(狂気)」からシングル・カットされ、何と全米13位まで上昇したヒット曲。

18.Another Brick In The Wall Part 2
 
1979年「The Wall」からシングル・カットされ、翌1980年全米で4週連続№1に輝いた大ヒット・ナンバー。まさか、彼らが№1シングルを出すとは思ってもみなかった。アルバムも15週間に渡って首位を独走し、年間アルバム・チャートの第1位も獲得した。子供たちのコーラスが印象的である。

19.Confortably Numb
 
1979年「The Wall」

20.One Slip
 
1987年「A Momentary Lapse Of Reason(鬱)」収録

21.Run Like Hell
 
1979年「The Wall」収録ナンバーで、コンサートは幕を閉じた。

 

Home Concert