Home

Concert
 
 

Elton John & Billy Joel
FACE To FACE  Japan Tour

 

1998.3.30

東京ドーム

40ゲート 7通路
1塁側2階 17列 49番

6:30開演

9,500円

 

 ポップス界を代表する2人のピアノ・マン、エルトン・ジョンとビリー・ジョエル。そんな2人のジョイント・コンサートに行って来たけど、1粒で2度、 いや3度おいしいライブでした♪

1.Your Song
   エルトン・ジョンの名前を知らしめ、今もってその代表曲として歌い継がれているナンバー。この曲をビリー・ジョエルが歌い始め、やがてエルトン・ジョンとデュエットしながら「FACE TO FACE」が始まった。

2. Honesty
 前曲のお返しとばかりに、今度はエルトン・ジョンがビリー・ジョエルの 名バラードを歌い始め、ビリーへとバトンを渡していく。こんな粋な演出は2度と見れないだろうし、とてもうれしかった♪

3. Don't Let The Sun Go Down On Me(僕の瞳に小さな太陽を)
 エルトン・ジョン1974年発表の「Caribou」収録曲を2人でデュエット!


4. Prelude~Angry Young Man
 さて、ここからビリー・ジョエルのパート。
 まずは、ブレイクする直前の1976年発表「
Turnstiles(ニューヨーク物語) 」収録曲で幕開け。

5. The Stranger
 
1977年「The Stranger」のタイトル・トラックで、日本でシングル・カットされ、大ヒットを記録したナンバー。1978年の海岸ではいつもこの曲がかかっていた!

6. Movin' Out
 
1977年「The Stranger」より。

7.Just The Way You Are(素顔のままで)
 1977年「The Stranger」より。1978年初頭、ラジオ番組からビリー・ジョエルの新曲です。ヒットの予感がすると紹介された。
 この4年前に「Piano Man」がスマッシュ・ヒットしてはいたが、本当の意味でスターダムにのし上がったのは、このヒットからである。

8. Allen Town 
 
1982年「The Nylon Certain」より

9. I Go To Extemes
 
1989年 「Stom Front」より

10. My Life
 
1978年「52nd Street」より。

11.Lullabye
 1993年「The River Of  Dreams」より。

12.The River Of Dreams

 
1993年に発表された、現時点で最後のオリジナル・アルバム「The River Of  Dreams」のタイトル・トラック

13.Candle In the Wind
 
前年、ダイアナ妃追悼曲として、エルトン・ジョンが歌ったこの曲は、エルトン本人が「もう歌わない」と宣言しただけに、ビリーが歌ってくれたのだろう。

14.We Didn't Start The Fire
 
1989年 「Stom Front」よりシングル・カットされ、3曲目の全米№1ヒットと なる。

15.It's Still Rock And Roll To Me(ロックンロールは最高さ)
 
1980年「Glass Houses」から第2弾シングルで、ビリー初の全米№1ヒット 曲となる。

16.Big Shot
 
1978年「52nd Street」より。

17.Scenes From An Italian Restaurnt
 1977年「The Stranger」より。


18.Simple Life  
 
ここから、エルトン・ジョンのパートです。1曲目は1992年「One」より。

19.The One
 
1992年「One」収録

20.Grey Seal
 
1973年発表「Goodbye Yellow Brick Road」収録。

21Goodbye Yellow Brick Road
 
1973年発表「Goodbye Yellow Brick Road」収録。

22.Honky Cat
 1972年発表「Honky Chateau」収録

23.Can You Feel The Love Tonight(愛を感じて)
 
ディズニー・アニメ「ライオン・ギング」の主題歌として世界的にヒットした ナンバー。

24.Uptown Girl
 
ビリー・ジョエル1983年発表「An Innocent Man」の大ヒット・ナンバーを  エルトン・ジョンが歌ってくれました♪

25. I Don't Wanna Go On With You Like That
 
1988年発表「Reg Strikes Back」収録。全米2位まで上がる大ヒット・  ナンバー 

26. I Guess That's Why They Call It The Blues
 
1983年発表「Too Low For Zero」収録

27.Daniel
 
1973年発表「Don't Shoot Me I'm Only The Piano Player(ピアニストを撃つな)」収録。

28.Take Me To The Pilot
 
1970年発表「Elton John」収録。

29.Something About The Way You Look Tonight
  
1997年「Big Picture」収録。

30.Philadelphia Freedom
 
1975年全米№1曲。

31.Saturday Night's Alright For Fighting(土曜の夜は最高さ)
 
1973年発表「Goodbye Yellow Brick Road」収録。


32.Luch In The Sky With Diamonds
 
1967年に発表されたビートルズのナンバーで、1974年エルトンは「失われた週末時代」のジョン・レノンと交流しており、その副産物としてこの曲が生まれたようだ。翌1975年全米№1ヒットとなる。

33.The Bitch Is Back(あばずれさんのお帰り)
 
1974年「Caribou」収録

34.You May Be Right
 
1980年「Glass Houses」より、軽快なロックンロール。

35.Bennie And The Jets
 
1973年発表「Goodbye Yellow Brick Road」収録。翌1974年全米№1

36.Great Balls Of Fire
 
確か邦題「炎のロック」でジャリー・リー・ルイス作のロックンロールのスタンダード。

37.Sakura~Piano Man
 
アンコールのラストは2台のピアノで向き合って、2人の代名詞とも言えるこのナンバーを歌った締めくくりました。


ピンク:デュエット
茶色:ビリー・ジェエル
青色:エルトン・ジョン


尚、2001年にアメリカで行われた「FACE TO FACE」では「Come Together」「A Hard Day's Night」も歌ったそうです!

 

Home Concert